鋼材を中心とした土木・建築用資材流通のパイオニアから、機器・資材・工具の販売・リースなど工事請負業務、さらに時代に合ったサービスを

会社案内

伝統と創造の新生「カナオカ」

社長ご挨拶

伝統と創造の新生「カナオカ」

 金岡忠商事は明治23(1890)年の創業以来、一世紀を越える歴史の中で、鋼材を中心とした土木・建築用資材流通のパイオニアとして、地域社会の発展とともに着実な歩みを進めてまいりました。
創業期の明治から、大正、昭和、平成と、鉄鋼業界や建築業界をはじめ、日本の産業界が力強く進歩、発展するなかで、当社の取扱い品目も大きく広がり続け、今日に至っています。

 販路は富山県内にとどまらず、北陸一円から、岐阜、信越地方へと拡大し、それらの地域でお客様との信頼関係を大きなものとしてきました。
さらに、建築用資材の卸企業としての経験を活かし、建築工事部門を設け、工事請負業務にも携わり、それに関連した機器・資材・工具の販売・リースも手掛けるなど、お客様のニーズを的確に判断しながら、時代に合った多種多様なサービスを実現し、高い評価を得ています。
しかし、現在地球規模で大きく変わり始めた人々の暮らしと激動の日本経済のなかにあって、私達金岡忠商事は、永年の経験と蓄積されたノウハウを礎としながらも、ただ、過去の成功実績や固定観念にとらわれるのではなく、積極的に新しい取り組みにもチャレンジしております。

 平成20年4月に、私 新タ修司が社長に就任し、新生「カナオカ」として、新たなスタートを切りました。より効率的な体制づくりと社員のレベルアップ。これまで以上にスピードある展開と迅速な対応。海外情勢に関する知識・情報収集・活用など、お客様の利益と事業の発展に果敢に取り組んでいます。
新商品の探究や、若手の積極的起用、新鮮なアイデアで、お客様へのよりよいサービスに努め、伝統を活かした新生「カナオカ」としてのチャレンジに、邁進してまいります。

代表取締役社長 新タ修司

ページの
先頭へ